遠藤 初戦を反省…シリア戦は“飛ばす”

[ 2011年1月12日 06:00 ]

アジア杯1次リーグB組 日本―シリア

(1月13日 カタール・ドーハ)
 日本代表MF遠藤が、シリア戦は試合開始から飛ばしていく構えを示した。

 初戦のヨルダン戦の立ち上がりを慎重に入りすぎたことを反省。横パスやバックパスが多かったことを課題に挙げ「初戦は丁寧にやり過ぎた部分もある。シリア戦では相手の嫌がることをやりたい」と前を向いた。ダブルボランチを組む長谷部とも積極的にコミュニケーションを図っており、中盤の意思統一もできている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月12日のニュース