【伊東競輪G3「花と海といで湯賞」2日目3R】日野未来が圧巻逃げ切り「1番人気じゃない時の1着は…」

[ 2024年3月15日 17:19 ]

逃げ切りで快勝した日野未来
Photo By スポニチ

 <伊東2日目3R>

 人気レーサーの日野未来(31=奈良)が圧巻の逃げ切り。刈込奈那を突っ張ると、鈴木美教の捲りを合わせて力強く押し切った。

 好内容で快勝した日野は「刈込さんを一回出させてもいいか考えたが、後ろに(他の選手が)ついてきたら嫌なので突っ張った」と勝負どころを振り返り納得顔を見せた。

 1Rで逃げ切り勝ちを収めた石井貴子(36=東京・104期)の走りにこれ以上ない刺激を受けたと言い「石井さんのレースを見てバンザイしましたもん。もう格好良くて。(成績表に)SJHB(スタンディング、ジャン、ホーム、最終バック)が付いてて、また気合が入った」

 日野はSこそ取れなかったが、石井のように前受けから誰にも先頭を譲らず逃走。「何も考えずゴールまで踏みました」と無我夢中で風を切って結果を出した。

 オッズを見て闘志にも火が付いた。「1番人気じゃない時の1着は配当としてかえせるのでうれしい。ファンの人に還元できるかなって」。ファンを大事に思う日野らしい思いを明かすと、表情がやわらいだ。

 準決勝は「力を出し切るレースをして勝ち上がりたい」と完全燃焼を誓った日野。理想の走りで勝ち上がり、気分が乗ってきた。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「北九州記念」特集記事

2024年3月15日のニュース