【能登半島地震復興支援競輪「伊東温泉G3ナイター・花と海といで湯賞」2日目】地元岡村が番手差し

[ 2024年3月15日 05:30 ]

差し脚を発揮する岡村
Photo By スポニチ

 令和6年能登半島地震復興支援競輪「伊東温泉G3ナイター・花と海といで湯賞」(優勝賞金426万円)は14日、伊東競輪場で開幕した。初日メインの12R特選は岩本俊介が先勝した。2日目は男子が二次予選、ガールズが予選2が行われ、12Rは地元岡村潤、11Rは岩本が中心になる。

 【12R】地元岡村の差し脚が中心。ラインができる自力型は根田、小森、金子の3人だが先行力は明らかに根田が上回る。根田―岡村―松坂の南関勢が主導権を握り、岡村が番手の仕事をこなして差す。金子は流れと踏み込む位置次第で逆転がある。穴は小森の一発。

 (1)岡村潤 岩本君が反応してくれた。周回中から体幹を意識して余裕があったし、いいと思う。連係相性が抜群にいい根田君へ。

 (2)小森貴大 自力勝負。

 (3)田中勇二 脚の状態はいい。位置は決めずに。

 (4)関貴之 付いて行くのに必死だった。練習仲間になる金子君へ。

 (5)根田空史 バックが向かい風で自転車が進んでいかなかった。自力勝負。

 (6)松坂英司 岡村君へ。

 (7)金子幸央 自分的には余裕があると思ったが…。自力で頑張る。

 (8)藤田昌宏 1人で。

 (9)山内卓也 小森君へ。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「北九州記念」特集記事

2024年3月15日のニュース