×

【宝塚記念】超ハイペース逃走のパンサラッサは8着 吉田豊「最後も止まっていないけど…」

[ 2022年6月26日 17:30 ]

G1・宝塚記念 ( 2022年6月26日    阪神競馬場 芝2200メートル )

<阪神11R・宝塚記念>果敢に逃げたパンサラッサ(左から2頭目)だったが、直線で失速して8着に終わった。勝ったのはタイトルホルダー(左)。
Photo By スポニチ

 ドバイターフに続くG1連勝を狙ったパンサラッサは、直線で馬群に飲み込まれて8着に終わった。

 何が何でもの構えでハナを奪い、前半3F33秒9、5F57秒6のハイペースを刻む。その後もラップを緩めることなく運んだが、直線に向くとタイトルホルダーにかわされ、徐々に後退した。

 吉田豊は「1角までに気分良く行けました。最後も止まっていないけど、踏ん張りきれなかったです」と振り返った。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年6月26日のニュース