×

【日本ダービー】ピースオブエイトの奥村豊師「本当にポテンシャルの高い馬」

[ 2022年5月25日 13:03 ]

引き揚げるピースオブエイト(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 世代の頂点を決めるG1・日本ダービー(東京競馬場、芝2400メートル)を29日に控え、毎日杯を制したピースオブエイト(牡3)を送り出す奥村豊師が25日、共同記者会見に臨んだ。

 ――ダービーの共同会見に臨む気持ちは
 「注目される立場で呼んでいただけるのは光栄だし、ありがたい」

 ――毎日杯を振り返って
 「ジョッキーと事前に少し話をして、馬場状態も考えて前目の競馬かなという話はしていた。逃げてもしっかり自分のリズムで最後まで走り切れたいい内容だった」

 ――脚質の幅が広がったか
 「まだキャリア3戦だが、3走とも違う形で競馬をして結果を残している。前走、逃げで勝ったのも幅が広がるいいレースだった」

 ――中間の調整は
 「前回の入厩時はアルメリア賞、毎日杯と連戦した。長期休養明けの連戦だったので、どれくらい疲れが出るか、リカバリーにどれくらい時間がかかるかという点がポイントだった。そこをしがらきに移動した後に見てもらった。思いの外、疲労の回復が早く体調も上がってきたので、ダービー目標としてここまでやってきた」

 ――1週前追い切りは
 「毎日杯当週との違いを知りたいというのが一番だった。動き、時計は問題なかったが、反応が毎日杯当週の方が良かったというジャッジをもらった」

 ――最終追い切りは
 「先週の感触からどう変わったか、変わっていないのか。先週に比べてシャープに動いていた。十分、仕上がっているというジャッジをもらった。前走から間隔があり、疲れも取れているし、消耗もしていないし非常にフレッシュな状態で大一番を迎えられる」

 ――距離が伸びる
 「同世代との未知の距離でのレースなので、落ち着いて競馬できることが一番のポイント。そこをスタッフと話し合ってやってきた」

 ――成長は
 「2歳の夏、新馬使った時は体もゆるくまだまだ先かなと思っていた。まだまだ子供っぽい仕草もあるし、まだまだ成長途上の感覚はあるが、その中で成績を残してくれている。本当にポテンシャルの高い馬」

 ――今回は多頭数になる
 「未知だが、普段の調教から多頭数でやっている。いつものメンタルなら問題はない」

 ――毎日杯はダービーと相性がいい
 「フレッシュな状態で臨めるのが強み」

 ――抱負を
 「ここまで順調に調整できている。しっかり準備してレースを迎えたい」

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月25日のニュース