×

【日本ダービー】ダノンベルーガの堀師「皐月賞よりも一段階いい仕上がり」

[ 2022年5月25日 11:05 ]

ダノンベルーガ
Photo By スポニチ

 世代の頂点を決めるG1・日本ダービー(東京競馬場、芝2400メートル)を29日に控え、皐月賞4着のダノンベルーガ(牡3)を送り出す堀宣行師が25日、共同記者会見に臨んだ。

 ――初めての右回りだった皐月賞を振り返って
 「向かう態勢として一番重要視していたのは、皐月賞を使った後もダービーに向けて余力を残せるか。そこの見極めに時間をかけた。過程の中で思ったより仕上がったなという状況での出走。結果は4着、これに関しては競馬後の馬の状態から逆算すると、比較的、競馬後の体の戻りやダメージは少なく、痛みの方も大きなものはなかった。みなさん見た通り、トラックバイアス、中山の2000という条件、そういったことが影響して4着。そのとおり受け取ってもらっていい。この馬にとって一番大きかったのは、2戦余裕のある勝ち方をしていた中でしまい一杯になったということで、そこを検証しながら次に向けて体調を整えるという形になった」

 ――今の馬のコンディションは
 「皐月賞前との比較からいくと、全体的に底上げできた。競馬後の健康状態、カイ食いも落ちなかった。これはオーナーと牧場との信頼関係の中で引き続き在厩調整をさせていただいたことが非常に馬にとって大きかった。そこのベースがあったので、徹底的な基礎体力の強化に取り組めた。仕上げの段階にスムーズに入っていけた」

 「7万人ほどのファンのみなさまの前で走るということで、メンタル面にアプローチする部分をメーンに取り組んでいきたいということで。1週前の追い切りは人馬ともに他の馬に頼ることなく、自信を持って走れるようにという配慮で。1週前追い切りを終えた状況では今週は微調整でいいと感じていたが、1週前追い切りが終わった後、カイ食いがちょこっと落ちたが、すぐに回復して馬体減には至らずに活気のある状況を維持していたので、その時の印象より一歩踏み込んで、今週はしっかりめの負荷をかけた。きょうの追い切りでもゴール板付近のハミの取り方や走り方、フィットネスの方は十分、できている。気持ちの方も自ら進んで走っていく。仕上げとしては皐月賞よりも一段階いい仕上がりで出られるのかな」

 ――コース適性は
 「東京の2400への適性という意味では、左回りでコーナーの大きい東京に替わるのはこの馬にとってプラス。距離に関してはまだ未知数なところもあるが、操縦性が良く、性格も人との関係がいい馬なので。この馬の持っている適性は古馬になってから顕在化すると経験上思っている。そういった意味では、こなしてくれるんじゃないかと思っている」

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月25日のニュース