×

【大阪杯】(9)アリーヴォ 一工夫で“クールダウン”できれば、硬さもなし

[ 2022年4月3日 05:30 ]

 アリーヴォは坂路をサッと流し、最終調整を行った。「硬さもないですし、追い切った後も順調です」と杉山晴師。菊花賞7着以来のG1となる。「パドックでジョッキーが乗るとテンションが上がるので、今回は地下馬道で乗ってもらう予定です」。名手・武豊に全てを託す。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2022年4月3日のニュース