×

【大阪杯】吉田隼人 G1初制覇ポタジェを労う「よく差し切ってくれた」「性格いい子で扱いやすい」

[ 2022年4月3日 16:56 ]

<阪神11R・大阪杯>ポタジェで大阪杯を制した吉田隼人騎手(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 G1昇格6年目を迎えた春の中距離王決定戦「第66回大阪杯」(芝2000メートル)は3日、阪神競馬場で行われ、8番人気のポタジェ(牡5=友道)がJRA・G1初制覇を飾った。勝利に導いた吉田隼人騎手は、インタビューで胸を張った。

 ――勝った瞬間の気持ちは

 「やったぞって感じでした」

 ――道中は好位につけた

 「前走、金鯱賞で乗せてもらって馬のリズムでスタートを切ったんですけど、あまり進んでいかなかったので。今回、ちょっと気合つけて、二の足つけていきました」

 ――直線ではG1ホース相手の叩き合いだった

 「前にレイパパレがいましたんで、並ぶ時に結構しぶとかったですけど、いい叩き合いで差してくれたと思う」

 ――ゴール板を通過した瞬間、勝利の確信は

 「外からも馬が見えたので、最後まで気を抜けなかった」

 ――これまで重賞でも惜しいレースがあったが、勝利はなかった。G1で頂点に立った

 「馬主さんはじめ、厩舎の先生やスタッフに続けて乗せてもらえたので、何とか期待に応えたい気持ちで乗りました。ポタジェは競馬が上手なので、立ち回りのうまさが光ったかなと思う」

 ――G1ホースにも勝った

 「これで馬の方も自信つけてくれれば、もっと馬は良くなってくると思う」

 ――ポタジェの良さ、これからへの期待は

 「性格いい子で扱いやすいですし、競馬の立ち回りも上手なので。最後は力ある馬相手でしたけど、よく差し切ってくれた。これをきっかけにして、力をつけてくれればいいなと思う」

 ――今年も桜が咲く阪神競馬場でG1勝利、気持ちは

 「ほんとに桜がきれいなので雨降らないでほしいなと思って、きょう一日いました。天気も持ってくれたので、また来週も楽しみにしてくれればいいなと思う」

 ――最後にファンに向けて

 「また精いっぱい頑張りたいので、応援よろしくお願いします」

続きを表示

この記事のフォト

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年4月3日のニュース