×

【弥生賞】ロジハービン 1週前に好時計、国枝師「脚をうまくためられれば」

[ 2022年3月1日 05:30 ]

 ロジハービンは重賞初挑戦の前走・京成杯2着。3コーナー手前から早めに進出する形になったが、最後までしぶとく走った。国枝師は「外枠で前に壁をつくれず、途中から行きたがっていた。それでも能力は確認できた」と回顧。1週前の2月23日に坂路4F50秒4の好時計。「時計も速かったし、動きは上々。今回の放牧でひと回りしっかりした。道中で折り合って、脚をうまくためられれば」と好走を祈っていた。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年3月1日のニュース