×

キセキが繋養先に到着

[ 2022年1月7日 18:18 ]

ブリーダーズSSに到着したキセキ
Photo By スポニチ

 昨年末の有馬記念(10着)を最後に引退した17年菊花賞馬キセキ(牡8、父ルーラーシップ)が7日、種牡馬として繋養される北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションに到着した。

 雪が激しく舞う中、関係者らに出迎えられた。サラブレッドブリーダーズクラブの遠藤幹常務取締役は「長旅の疲れも見せず、環境の変化にも動じない落ち着いた状態での北海道入りとなりました」とコメントした。種付け料は受胎条件の80万円。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月7日のニュース