×

【シンザン記念】マテンロウオリオン 余力十分の動き、昆師「重賞でも勝負になる」

[ 2022年1月7日 05:30 ]

Cウッドを単走で追い切るマテンロウオリオン
Photo By 提供写真

 マテンロウオリオンは昆助手が騎乗してCWコース単走で最終追いを済ませた。四肢を大きく伸ばしてダイナミックなフォーム。余力十分に6F85秒0~1F11秒9をマークした。昆師は「中1週なので、あまりやらなかった。動きがいいし、前走の反動もない」と報告。新馬2着後、格上挑戦の前走・万両賞はポツンと離れた最後方から上がり3F最速の33秒4で差し切った。「稽古の段階から切れる脚が使えるのは分かっていた。素質が高いし、重賞でも勝負になる」と連勝を狙っていく。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2022年1月7日のニュース