×

【フェアリーS】スターズオンアース 楽な手応えで1馬身先着、石橋も成長実感「右回りも大丈夫」

[ 2022年1月7日 05:30 ]

エレガンテレイナ(右)と併せて追い切るスターズオンアース(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 スターズオンアースはWコースで併せ馬。エレガンテレイナ(5歳2勝クラス)を3馬身追走し、楽な手応えで1馬身先着した。5F67秒3~1F12秒4。騎乗した石橋は「追い切りの感じは良くなっている。体も走るごとに成長を感じる」と好感触を隠さず。デビューから左回りしか使われてこなかったが、「コースでの調教に乗っている感じだと右回りも大丈夫だと思う」と心配していなかった。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2022年1月7日のニュース