【チャンピオンズC】カフェファラオ90点 巨岩のような筋肉、毛ヅヤも抜群

[ 2021年11月30日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

カフェファラオ
Photo By 代表撮影

 カフェファラオはソダシよりも大きな筋肉を身につけています。肩やトモには立派なキ甲(首と背中の間の膨らみ)にふさわしい巨岩のような筋肉。毛ヅヤも抜群。G1初制覇を飾ったフェブラリーS時にはクリッピングと呼ばれる毛刈りが施されていましたが、今回は刈っていない被毛が初冬の日差しを浴びて輝いています。100点を付けたフェブラリーS同様に満点の仕上がり。

 ただし、巨岩のような馬体でも、1800メートルのG1では盤石とまではいきません。背、腹下とも短いマイラー体形。昨年のチャンピオンズC(6着)のリベンジを果たすにはラスト200メートルが課題になります。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2021年11月30日のニュース