【菊花賞】レッドジェネシス90点 あふれるステイヤーの資質

[ 2021年10月19日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

<菊花賞>ステイヤーの資質あふれるレッドジェネシス
Photo By スポニチ

 レッドジェネシスはひと目でステイヤーと分かる体形です。背中も腹下も長い。体のつくりに遊びがあって、ガチッと固まっていない。忙しい距離よりもゆったり流れる長距離戦向きです。

 ダービー時は腹周りにゆとりがないと指摘しましたが、今回はふっくらしています。前後肢の筋肉量は春当時とあまり変わっていないとはいえ、腹袋は牡馬らしく立派になりました。ダービー時に見せていた陰部も今回はきちんと収めています。行儀も良くなった。目力がもう少し強くなってほしいが、今メンバーの中で最も菊花賞向きの馬体です。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月19日のニュース