×

【菊花賞】モンテディオ 四位厩舎初のG1挑戦、折り合い大丈夫

[ 2021年10月19日 05:30 ]

 神戸新聞杯3着で菊花賞への切符を手にしたモンテディオ。担当はかつて2冠牝馬カワカミプリンセスを手掛けた腕利き・深川助手。「折り合いに関しては全く不安がないタイプ。操縦性もいい。(阪神の3000メートルは)スタミナをより要求されるコース。この馬には有利かも」と歓迎する。

 今年開業の四位厩舎はこれが初G1挑戦になる。「楽しみですね。スタッフも先生もモチベーションが上がっています」と笑顔で話していた。 

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年10月19日のニュース