【菊花賞2週前追い】ステラヴェローチェ反動なし 須貝師「リラックスして走れるかが大事」

[ 2021年10月8日 05:30 ]

吉田隼人騎手を背に坂路をレッドアクトゥール(左)と併せ馬で追い切るステラヴェローチェ
Photo By 提供写真

 菊花賞(24日、阪神)でラスト1冠獲りに挑むステラヴェローチェ(牡3=須貝)は坂路で2週前追いを消化した。吉田隼を背に坂路でレッドアクトゥール(2歳未勝利)と併せ馬、馬なりで4F55秒2~1F12秒3をマーク。1馬身遅れでフィニッシュした。

 前走・神戸新聞杯をタフな不良馬場でV。須貝師は「1週間様子を見たけど、回復が早くてダメージもなかった。体調は問題ない。次はいかにリラックスして走れるかが大事になりますね」と前走の反動もなく、順調な立ち上がりを見せる。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月8日のニュース