【久留米開設記念】松坂連戦も軽快

[ 2021年10月8日 05:30 ]

 優出5着だった地元の平塚記念から中1日で参戦の松坂。初日7Rは俊敏に3番手を奪うと、そこから捲って好発進を決めた。「あのまま島川君が先行してくれるのが理想だったけど、河合君ラインを出したので…。少しでも前へと思って追い上げられたのは良かった」。疲れがある中で人気にしっかりと応え、トレードマークの白い歯をのぞかせた。「ここから疲れが徐々に抜けていってくれれば」。地元記念に向けて仕上げた脚の貯金も残っているはずだ。二次予選10Rも俊敏に動いて、S班の平原撃破を狙う。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年10月8日のニュース