×

【京都大賞典】キセキ 転厩後は堅実な走り、辻野師「体の張り若々しい」

[ 2021年10月8日 05:30 ]

 上村厩舎の隣にある辻野厩舎も角居イズムを継承する。角居厩舎から転厩してきたロータスランドは転厩後に5戦4勝、前走の関屋記念Vでサマーマイルシリーズ優勝を飾った。京都大賞典には角居厩舎から引き継いだキセキを送り込む。辻野師は「(7歳でも)体の張りなんかは若々しい。レースにいけば自分の仕事を理解していますからね」。転厩後も5→4→5着と堅実な走り。「阪神は安定しているイメージだし、何とかもう一つ勝ちをつけたい」と意気込んだ。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2021年10月8日のニュース