【フォワ賞】ディープボンドV 鮮やか逃げ切り、日本馬3頭目の偉業 凱旋門賞へ弾み

[ 2021年9月13日 05:30 ]

ディープボンド
Photo By 提供写真

 仏G1凱旋門賞(10月3日、パリロンシャン)の前哨戦であるG2フォワ賞(芝2400メートル)が12日(日本時間同日深夜)、パリロンシャン競馬場で6頭立てで行われ、日本から参戦したディープボンド(牡4=大久保)が鮮やかに逃げ切った。日本調教馬の同レース優勝は99年エルコンドルパサー、12&13年オルフェーヴルに続き3頭目。日本競馬界の悲願である凱旋門賞制覇へ、夢が大きく広がった。

 勢い良くゲートを飛び出し、そのままハナへ。ディープボンドはキャリア13戦目にして初の逃げに出た。2番手にはA・オブライエン調教師が管理するブルームが控え、すんなり隊列は決まる。軽快なフットワークで緩やかなカーブを終え、セーフティーリードを保ったまま直線に入ると、残り2Fで鞍上のC・デムーロがこん身の右ムチを一発打ち込む。それに応えるようにゴール前はグイッとひと伸び。2着ブルームに1馬身半差をつけ、まんまと逃げ切った。

 現地でレースを見守った大久保師は「日本では少し重い馬場で結果を出していたし、阪神大賞典(1着=重馬場)に近い馬場ならと思っていました。きょうの馬場はベストコンディションでしたね」と、いつも冷静沈着な指揮官から満面の笑みがこぼれた。次の大舞台に向け、十分すぎる収穫。第一関門は見事に突破した。

 フォワ賞を制した日本調教馬の99年エルコンドルパサー、12&13年を連覇したオルフェーヴルは本番の凱旋門賞で、いずれも銀メダル。あと一歩が届かなかった。今年こそ待望の凱旋門賞馬が誕生するか。指揮官は「来週いっぱいはケアをして、(レースまでの)残り2週でしっかり調整したい」と先を見据えた。祖父ディープインパクト、父キズナに続く親子3代での挑戦へ。楽しみが大きく広がる前哨戦となった。

 ◆ディープボンド 父キズナ 母ゼフィランサス(母の父キングヘイロー)17年2月18日生まれ 牡4歳 栗東・大久保厩舎所属 馬主・前田晋二氏 生産者・北海道新冠町の村田牧場 戦績13戦4勝(重賞3勝目) 馬名の由来は深い絆。

続きを表示

この記事のフォト

「オールカマー」特集記事

「神戸新聞杯」特集記事

2021年9月13日のニュース