【宝塚記念】キセキ坂路で軽快な動き 辻野師「息遣いが乱れることもなかった」

[ 2021年6月23日 17:28 ]

坂路にて単走で追い切るキセキ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 阪神競馬場で6月27日に行われる「第62回G1宝塚記念」(芝2200メートル)に出走するキセキ(牡7=辻野)の最終追いは坂路でサラッと。単走で4F53秒3~1F12秒3をマークした。辻野師は「中身は出来ているので確認程度。息遣いが乱れることもなかったし、うまくいったと思います」と好ムードをにじませた。このレースは一昨年、昨年と連続2着。実績のある舞台で、17年菊花賞以来のVを狙う。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2021年6月23日のニュース