【東京新馬戦】アグリシュブール 体幹しっかり、田中剛師「いい馬体している」

[ 2021年6月23日 05:30 ]

 13年皐月賞などG1・3勝を挙げたロゴタイプの初年度産駒アグリシュブール(牡=田中剛)が26日の東京5R新馬(芝1800メートル)にスタンバイ。1週前追いでは父も育てた田中剛師自ら手綱を取ってWコースを快走した。

 同師は「ロゴタイプの子だけに体幹がしっかりしている。左に行こうとする面があるので(口向きを)矯正しているが、480キロ前後のいい馬体をしている」と語っていた。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2021年6月23日のニュース