【宝塚記念】アリストテレス 得意距離で反撃だ、芝2200はパーフェクト連対

[ 2021年6月23日 05:30 ]

 アリストテレスは2番人気だった前走の天皇賞・春で4着。音無師は「乗っていたルメールさんは距離が長いと言っていた。適性がなかったのかも」と振り返る。

 芝2200メートルは重賞初制覇を飾った3走前のAJC杯を含め【2・1・0・0】とパーフェクト連対。「状態は安定している。実績のある距離で前進を期待したい」と力を込めた。

続きを表示

「クイーンS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年6月23日のニュース