【門別競馬】新種牡馬イスラボニータの産駒が圧巻6馬身差で初勝利!

[ 2021年6月23日 19:37 ]

社台SSでけい養されているイスラボニータ
Photo By スポニチ

 23日の門別5R「JRA認定フレッシュチャレンジ(ダート1000メートル)」をショウリノマイ(牡2=林和弘)が制し、新種牡馬のイスラボニータが産駒初勝利を挙げた。

 ショウリノマイは9頭立ての8番枠から押してハナへ。そのまま後続を寄せ付けることなく、2着に6馬身差の圧勝だった。この日の馬体重が520キロだったように馬格がしっかりしており、まだまだ上積みがありそう。仮に中央遠征で芝にチャレンジとなっても侮れない

 イスラボニータ産駒はJRAでは6頭がデビュー。まだ勝利には手が届いていないが、プルパレイが2着(東京芝1600メートル)、トゥードジボンが3着(中京芝1600メートル)に好走するなど、上々のスタートを決めている。

続きを表示

「クイーンS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年6月23日のニュース