【マーメイドS】ソフトフルート本格化の兆し!重賞獲りで飛躍の秋へ

[ 2021年6月15日 05:30 ]

ソフトフルート
Photo By スポニチ

 例年、一筋縄ではいかないハンデ重賞。昨年の秋華賞3着馬ソフトフルートがタイトル奪取を目指す。今年の2月末で厩舎解散を迎えた松田厩舎からの転厩馬。斉藤崇厩舎所属となって2戦目の前走シドニーTは中団追走からメンバー最速の上がり3F34秒4の末脚で差し切りV。馬体を6キロ増やし、鮮やかな変わり身を見せた。担当の福田助手が前走を振り返る。

 「転厩初戦(5着)は筋肉の張り、毛ヅヤもひと息でした。使ったことで前走は調子が上向いてました」

 1週前は岩田望(レースは横山和)が騎乗してCWコースでキタサンシンドー(3歳未勝利)と併せて首差先着。全体時計の6F82秒9は目立たないが、ラストは馬なりで1F11秒6と推進力にあふれる走りを披露した。「先週はパワフルな走りを見せながら、柔軟性もありました。ジョッキーも“いい動きでした”と感触も良かったようです」と状態に太鼓判を押した。

 5日の英ダービーを伏兵のアダイヤーで勝つなど、世界各国で数々のG1を制しているゴドルフィンが所有するディープインパクト産駒。その良血が4歳を迎え、本格化の兆しを見せ始めた。「背中がいいし、まだまだ成長していきそうですよ」と絶賛する好素材。飛躍の秋へ向け、まずは重賞タイトルを手に入れる。 

続きを表示

「クイーンS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年6月15日のニュース