【チューリップ賞】シャーレイポピー 発馬決める!桜花賞切符獲りへ期待「トモに力強さ出た」

[ 2021年3月2日 05:30 ]

チューリップ賞に出走するシャーレイポピー
Photo By スポニチ

 桜花賞トライアル「第28回チューリップ賞」のシャーレイポピーは、敗戦をバネにして巻き返しを図る。前走・紅梅S6着は致命的な出遅れがあって不完全燃焼の競馬。金折助手は「ゲートと展開。それに荒れた馬場も合わなかった。度外視できる内容ですね」と振り返る。この中間はゲート練習に時間を割いた。「練習を重ねて馬自身が納得。今はすんなり出てくれるし、出遅れの心配はなさそう」と成果を強調する。さあ、仕切り直しだ。

 舞台は2走前に未勝利勝ちの阪神マイルへ。当時はポンとゲートを出てハナを切るとアッサリ3馬身半差V。「この短期間でトモに力強さが出たし、精神的な部分でも成長を感じています。何とか本番の権利を」と力を込めた。祖母トールポピーは阪神JF、オークス勝ちと母系は一流。スムーズな競馬なら、きっと重賞でも引けは取らない。

 ▽チューリップ賞 93年まで「桜花賞指定オープン」として開催。翌年、重賞(G3)に格上げ。3着まで桜花賞の優先出走権が与えられるようになった。18年にG2昇格。過去の勝ち馬に、ウオッカ、ブエナビスタなど、のちのクラシックホースが多数いる。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年3月2日のニュース