アーモンドアイ、牝馬では世界一 20年ワールドベストレースホースランキング

[ 2021年1月28日 05:30 ]

昨年12月の引退式でパドックを周回するアーモンドアイ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 国際競馬統括機関連盟(IFHA)は26日、20年ロンジンワールドベストレースホースランキングを発表。昨年ジャパンCで有終の美を飾ったアーモンドアイ(牝6)がレーティング124ポンドで10位タイとなり、昨年キングジョージ6世&クイーンエリザベスS勝ちの名牝エネイブル(牝7=英国)に2ポンド差で牝馬トップとなった。ジャパンC前の昨年11月の発表では124ポンドで並んでいた。

 レーティングトップはガイヤース(牡6=英国)で130ポンド、オーセンティック(牡4=米国)が4ポンド差の2位。日本馬はコントレイル(牡4=矢作)が124ポンドで10位タイ、フィエールマン(牡6)とグローリーヴェイズ(牡6=尾関)が123ポンドで15位タイ、グランアレグリア(牝5=藤沢和)とクロノジェネシス(牝5=斉藤崇)が121ポンドで34位タイとなった。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年1月28日のニュース