【阪神新馬戦】イナズマテーラーV 松山「二の脚が速くいい形で競馬ができた」

[ 2020年12月5日 17:24 ]

<阪神6R・2歳新馬>ゴール前、後続の追撃を振り切り勝利するイナズマテーラー(左) (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 5日の阪神6R新馬戦(ダート1800メートル)は6番人気イナズマテーラー(牡=飯田雄、父アドマイヤマックス)が2番手から押し切った。松山は「二の脚が速く、いい形で競馬ができました。手応えも良かったし、最後まで踏ん張ってくれました」と評価した。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年12月5日のニュース