【ステイヤーズS】オセアグレイトが差し切って重賞初制覇

[ 2020年12月5日 15:37 ]

<中山11R スポーツニッポン賞ステイヤーズS>スポーツニッポン賞ステイヤーズSを制した横山典騎乗のオセアグレイト (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 師走の名物マラソンレース「第54回スポニチ賞ステイヤーズS」(G2、芝3600メートル)は5日、中山競馬場で行われ、横山典騎乗の7番人気オセアグレイト(牡4=菊川、父オルフェーヴル)が逃げ粘るタガノディアマンテをゴール直前で差し切って優勝、重賞初制覇となった。勝ちタイムは3分52秒0。

 アタマ差の2着にタガノディアマンテ、さらに1馬身半差の3着にポンデザールが入った。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年12月5日のニュース