【チャレンジC】3歳馬レイパパレが重賞初制覇 デビューから無傷の5連勝

[ 2020年12月5日 15:55 ]

<阪神11R・チャレンジC> 後続を振り切り5連勝で重賞初制覇を果たしたレイパパレ(左) (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 芝の中距離重賞「第71回チャレンジC」(G3、芝2000メートル)は5日、阪神競馬場で行われ、川田騎乗のレイパパレ(牝3=高野、父ディープインパクト)が1番人気に応えて快勝、デビューから無傷の5連勝で重賞初制覇となった。勝ちタイムは1分59秒9。

 1馬身半差の2着にブラヴァス、さらに半馬身差の3着にヒンドゥタイムズが入った。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年12月5日のニュース