【チャンピオンズC】アルクトス サラッと猛時計!坂路4Fトップタイ51秒1で1馬身先着

[ 2020年12月3日 05:30 ]

<チャンピオンズC>坂路で一番時計タイをマークしたアルクトス(右)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 冬の最強ダート王決定戦「第21回チャンピオンズC」の最終追い。前走・南部杯でG1初制覇を飾った関東5歳馬アルクトスが坂路で一番時計で抜群の動きを披露した。さらなる相手強化&白星のない1800メートルを克服して、G1連覇の期待が高まっている。枠順は3日、確定する。

 さすがはG1馬。アルクトスが巨漢を揺らしながら猛時計でアピールした。原田(レースは田辺)を背にスピードに乗り、四肢をダイナミックに使って登坂。前を行くシェダル(3歳3勝クラス)に手綱を抑えたままで並びかけ、グイッと1馬身先着した。4F51秒1はカナシバリ(4歳3勝クラス)と並ぶ一番時計タイ。一段とパワーアップした姿を好時計で立証した。

 栗田師は「先週までしっかりやったので今週はサラッとだけど、時計は出ている。鞍上も“前走より気が入っていた”と好感触だった。折り合いもスムーズで伸び伸び走れていた」と満足そうだ。

 前走・南部杯(盛岡)はデビュー17戦目で悲願のG1初制覇。勝ち時計1分32秒7は堂々の日本レコード。01年武蔵野S(東京)でクロフネが樹立した伝説の「1分33秒3」の怪レコードを0秒6も上回った。いくら時計が出やすい馬場とはいえ、地力強化なくして出せない猛時計だ。

 指揮官は「直前の雨も良かったけど、やってきたことが実を結んだ。以前は背腰が弱い部分もあったが5歳になってしっかりした」と目を細めれば、1週前追いに騎乗した主戦・田辺も「戦う相手は強くなっていくのに、物おじしないで走っているのは立派」とタフな精神力を称えた。

 もちろん、さらなる相手強化は承知の上だ。同師は「課題はたくさんある。1800メートルでコーナーも4回。相手も格段に強くなる。それでも、左回りの1600メートルの固定観念を崩してほしい。タフな東京マイルで走る馬なので、こなせないことはないと思う」と地道に力をつけた愛馬に託す。

 日本レコード→一番時計と活気はメンバー屈指。田辺は「柔軟性を持って、ここまで競馬を教えてきたので、中京1800メートルは初めてでも問題ないと思う。この先同じメンバーを倒さなければG1を勝つのは難しいし、ここは最後の壁。頑張ってほしい」と昇竜の勢いに懸けた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年12月3日のニュース