【チャンピオンズC】ルメール 1番人気連勝止める!カフェファラオでベリル撃破に挑む

[ 2020年12月3日 05:30 ]

チャンピオンズCに出走するカフェファラオ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 【G1ドキュメント・栗東=2日】1番人気が7連勝中の秋G1。その7レースのうち、ルメールが5勝。世紀の一戦となったジャパンCもアーモンドアイで後輩3冠馬2頭を抑え、ラストランを飾った。水曜朝、栗東トレセンに現れたルメールはベストパートナーの引退を惜しむかのように!?アーモンドアイのジャンパーを着用して調教に騎乗。調教スタンドに戻ってくるとパートナーへの思いを語った。「完璧な引退レース。彼女の強さを見せてくれた。もう一年、走れたね(笑い)。引退はもちろん寂しい。彼女は特別でした。“フォーエバー・アイ・キャン・リメンバー”」

 鞍上にとって「ライフ・ホース」との壮大なストーリーは終わったが、年末まで続くG1戦線で楽しみな騎乗馬がそろう。チャンピオンズCは、3歳カフェファラオとのコンビ。ダートで5戦4勝の新星だ。初めて騎乗した前走のシリウスS(1着)を振り返った。「コーナー4つの舞台でも我慢できていた。スムーズなレースだったね。ただ、追い切り(1週前追い)にも乗ったけど遅れていた。コンディションは100%じゃなかったと思う」

 鞍上は昨年の当レースでゴールドドリームに騎乗、クリソベリルに首差届かず2着に敗れた。ライバルはその後も、国内で無敗。今回も断然の1番人気だろう。鞍上も「メチャクチャ強い。モンスターです」と相手を称えた上で「でも、競馬だしね。(前走から)パワーアップしてたらビッグチャンス」と意気込む。

 名手の言葉を聞いた寺下は、グッと心をつかまれた。1番人気の連勝が続くのか、それとも“絶好調”ルメールが止めるのか。週末のレースが楽しみになった。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年12月3日のニュース