【チャンピオンズC】クリソベリル 時計遅く4F54秒0も成長確信!浜田助手「体が使えるようになった」

[ 2020年12月3日 05:30 ]

<チャンピオンズC>サンライズノヴァ(右)と併せで追い切る川田騎乗のクリソベリル(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 王者は悠然と決戦の時を待つ。師走のJRAダート王決定戦「第21回チャンピオンズカップ」の最終追い切りが栗東、美浦トレセンで行われた。国内ダート8戦全勝のクリソベリルは栗東坂路で僚馬サンライズノヴァと併せ馬。時計的に肩透かしを食らった格好だが状態に不安なし。ボリューミーな体が映えた。3日に出走馬と枠順が確定する。 

 大きな馬体が並んだ。クリソベリルは川田を背に2頭出しの僚馬サンライズノヴァと坂路で併せ馬。ともに体重は500キロを超える。スパーリングはサンライズノヴァが3馬身前を行く形。クリソベリルは馬体を併せ、前に出ようとする。バチバチッと火花が散るかと思いきや突き放すシーンはなく、逆にサンライズノヴァに半馬身、前に出られてフィニッシュ。音無師が切り出す。

 「先週くらいは時計を出してほしかったんですけどね。最初の1Fの入りが先週より遅く、4F54秒かかってしまった。それでも馬がどうこうという問題ではないですけどね。しっかり併せ馬することがテーマ。ただ、時計が遅かったですね」

 1週前は4F52秒6。この日は4F54秒0だから確かに遅かった。「レース前日に大きめに乗ろうと思っています」と最終調整での味付けを示唆する。

 9戦8勝と戦歴はピカピカだ。国内のダートでは一度も負けていない。サウジアラビアでの敗戦も出負けがあった上に挟まれてしまったもの。前走JBCクラシックは2着に2馬身半差をつけて圧勝した。担当の浜田助手も、この1年での成長を感じ取っている。

 「まだ完成ではないですけど、体はできつつあります。今年も成長を促すために、間隔を空けて使ってきた。この1年で体が使えるようになりましたね」

 同じく音無厩舎に在籍していた全兄クリソライトは7歳でダイオライト記念勝ち。成長力豊かな牝系で伸びしろがある。そもそも昨年が良馬場ダートで1分48秒5と破格のタイムでV。それから1年でスケールアップを遂げたのなら、鬼に金棒だろう。今秋のG1は1番人気が全て勝利。そんなトレンドに、素直に乗るべきか。音無師が意気込みを語る。

 「3歳の昨年は粗削りな感じで勝ちましたから。今年はもう少し、しっかりしている。昨年のようなレースをすれば結果はついてくると思います」

 この秋は牡牝の無敗3冠制覇、アーモンドアイの有終9冠など偉業に沸く。強者が強者の振る舞いを見せる。今週は国内無敗ダート王のお出まし。絶対王者が史上2頭目の連覇へ突き進む。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年12月3日のニュース