【ローズS】アブレイズ“静”で仕上げ 藤井「ダイナミックな動きでしたよ」

[ 2020年9月17日 05:30 ]

藤井勘一郎騎手を背に坂路で単走で追い切るアブレイズ
Photo By 提供写真

 調教では抜群の動きを見せるアブレイズだが、最終追いは“静”に徹したメニューで仕上げた。藤井を背に坂路で4F55秒8。鞍上は「1週前にしっかりやって時計も出ている。今日は反応を確かめる程度でしたが、ダイナミックな動きでしたよ」と上々の手応えを伝えた。

 デビュー2連勝でフラワーCを制した逸材。オークスは17着に敗れたが、レース後に骨折が判明した。「直線で失速する形に。あんなもんじゃないと思うので」と反撃に燃える。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「シリウスS」特集記事

2020年9月17日のニュース