パトリック・スマレン氏、43歳すい臓がんで死去…愛リーディング9度獲得

[ 2020年9月17日 05:30 ]

パトリック・スマレン氏
Photo By スポニチ

 アイルランドのリーディングを9回獲得し、欧州のトップジョッキーとして活躍したパトリック・スマレン氏が15日、ダブリン市内の病院ですい臓がんのため亡くなった。43歳。

 18年3月に診断を受け、19年5月に引退。治療を続けていた。01~04年にヴィニーローで愛セントレジャー4連覇。16年にハーザンドで英愛ダービー制覇。日本にも02年ジャパンC(イリジスティブルジュエル11着)、招待競走で5回来日した。JRA通算18戦1勝。アイルランドのヒギンズ大統領も哀悼の意を表した。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2020年9月17日のニュース