【セントライト記念】マイネルソラス、父譲り大きなフットワーク

[ 2020年9月17日 05:30 ]

美浦トレセンで追い切るマイネルソラス(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 札幌の1勝クラスを勝ち上がったマイネルソラス(牡=和田正)はWコースで単走追い。上がり馬らしいキビキビした走りで外ラチ沿いを駆け抜けた。

 和田正師は「ひと夏越して馬体に幅が出たし、折り合いもつくようになってきた。完成するのは先だが、心身とも着実に成長している」と語る。「父(ゴールドシップ)譲りの大きなフットワークには長距離適性を感じる」と距離延長にも手応えをつかんでいた。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2020年9月17日のニュース