【札幌2歳S】ピンクカメハメハ連勝へ!武豊「動きいい」

[ 2020年9月1日 05:30 ]

新馬戦で4馬身の差をつけてゴールしたピンクカメハメハ(撮影・千葉 茂)
Photo By スポニチ

 札幌開催を締めくくる2歳重賞・札幌2歳S。昨年、ゴールドシップの初年度産駒ブラックホールが優勝した注目の一戦だ。今年は新種牡馬リオンディーズ産駒のピンクカメハメハがスタンバイ。G1・3勝の名牝スイープトウショウの半弟としてデビュー前から注目を集め、函館の新馬戦を4馬身差圧勝した。

 1週前追い切りに騎乗した武豊は「順調に来て、動きもいい。テンションの高いところがある馬だが滞在で落ち着いて臨めれば」と話した。父に産駒重賞初Vをプレゼントするか。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月1日のニュース