2歳新種牡馬&総合首位のモーリス、幅広い距離に対応

[ 2020年9月1日 05:30 ]

 2歳新種牡馬&同総合で首位のモーリスは15年香港マイル、16年天皇賞・秋などG1・6勝を挙げて種牡馬入り。6月こそ2、3着の惜敗が目立ったが7月11日の函館新馬戦(芝1200メートル)でカイザーノヴァ(牡=矢作)が産駒初勝利を挙げ、勢いがついた。カイザーノヴァは8月23日のクローバー賞(札幌芝1500メートル)で同産駒のオープン初勝利。

 同日の新潟新馬戦(新潟芝1800メートル)ではルドヴィクス(牡=久保田)が逃げ切り、1200~1800メートルまで幅広い距離への対応力を見せる。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月1日のニュース