【小倉2歳S】セレッソフレイム、荒れた馬場歓迎

[ 2020年9月1日 05:30 ]

 セレッソフレイム(父パイロ)は前走のフェニックス賞でヨカヨカに詰め寄って2着。荒木助手は「器用に立ち回り、小牧騎手もうまく乗ってくれた」と語る。

 小倉までの長距離輸送は初めてだったが6キロ増の馬体で出走した。「プラス体重で出せて輸送は問題なかった。栗東に戻ってから疲れは早々と抜けた。時計のかかる荒れた馬場も苦にしない」と歓迎した。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月1日のニュース