【関屋記念】ミラアイトーン 菊沢師は「弾む走り」に手応え!

[ 2020年8月11日 05:30 ]

 ミラアイトーンは阪神の米子S5着後、中1週で函館の巴賞2着。今度は新潟と各地を元気に転戦している。菊沢師は「前走は厳しいローテでも頑張ってくれた。その後は放牧を挟んでここへ。1週前追いは弾むような走りだった」と目を細める。新潟マイルでは3走前の谷川岳S3着。「左回りの方がしまいの踏ん張りは利く。ハナにはこだわらずに走れるので」と手応え十分だ。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2020年8月11日のニュース