【大井・東京ダービー】的場、38回目の挑戦で初制覇へ「ひと泡吹かすことができるよう頑張る」

[ 2020年6月3日 05:30 ]

的場文男
Photo By スポニチ

 現役最年長で史上最多勝の的場文男(63=大井)が38回目の東京ダービー騎乗で初制覇に挑む。18年は10回目の2着。昨年はケガのため不参戦。連続騎乗は27年で途切れた。2年ぶりの大舞台は初コンビだった羽田盃5着で優先出走権を得た(6)モンゲートラオ。大井前開催5月21日に地方7300勝を達成したレジェンドは「ひと泡吹かすことができるよう頑張る」。悲願の目標へと突き進む。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年6月3日のニュース