【鳴尾記念】10歳ラムセスが68戦目有終走

[ 2020年6月3日 05:30 ]

 10歳馬サイモンラムセスは鳴尾記念を最後に引退する。澤田昭紀オーナーが2日、明らかにした。68戦目がラストラン。今後は北海道日高のサンシャイン牧場で種牡馬入りする。

 澤田オーナーは「馬主孝行でファンの温かいご理解と応援でここまで走ることができました。そして何といっても小牧騎手には感謝しかありません。今後は私的な功労馬として少しの間でも種牡馬生活が送れたらと考えています」とコメント。コンビを組んで2勝した松山は「13年の東京での特別戦。直線で抜け出した時、いつもとひと味違う大歓声を浴び、最高の気分になれました。その日はダービーデー(キズナ優勝)でした。いつか自分もクラシック、そしてダービーを獲りたいと決意した思い入れのある馬です」と振り返った。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館記念」特集記事

2020年6月3日のニュース