【日本ダービー】(5)コントレイル 気合十分「究極の仕上げ」

[ 2020年5月30日 05:30 ]

<日本ダービー>厩舎周りを引き運動で調整されるコントレイル
Photo By スポニチ

 皐月賞馬コントレイルは坂路で最終調整。800メートル63秒4。脚取りもしっかりしていた。矢作師は「気合が乗って、いいキャンター」と満足げ。28日発表の馬体重は前走から4キロ増。「予想通り。もう少し減るかなと思っていたが、これなら(輸送込みで)4キロ減くらいでいける」と語った。出来に関しては言うことなし。万全の仕上がりで臨める。

 前走の皐月賞は後方から4角手前で一気に仕掛けてマクリ一気。王者の実力を見せつけた。「皐月賞は内が悪く、坂で差がついた。元々、スタートは速いし今回は好位差しが理想」とイメージ。05年覇者の父ディープインパクト以来となる無敗のダービー誕生へ。「ダービーだから究極の仕上げ」と師は気合十分。父と同じ3枠5番から2冠達成だ。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年5月30日のニュース