【フェブラリーS】最終週フォーリーはフライヤーとコンビ 追い切りで好感触「調子良さそう」 

[ 2020年2月21日 05:30 ]

フォーリー(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 16年に初めてJRA短期免許を取得して以降、時期的なこともあってGIには縁がなかった。タイムフライヤーと初コンビを結成するシェーン・フォーリー(31=アイルランド)にとって、これがJRA・GI初騎乗だ。

 先週、今週の追い切りで感触を確かめた。「走ることが好きなんだろうね。今週は最初の1Fで行きたがったが、その後は落ち着いて走れていた。満足できる、いい動き。調子は良さそうだよ」。昨年は母国アイルランドで76勝をマークしてリーディング3位。英国でチェヴァリーパークS、フランスでマルセルブサック賞とGIタイトルを手にした。

 JRAでも16年京成杯(プロフェット)で重賞V。最近も9日の東京新聞杯を12番人気クルーガーで見せ場たっぷりの5着。15日のクイーンCは4番人気マジックキャッスルで2着と馬券圏内に導いた。

 寿司、しゃぶしゃぶが大好き。異国の環境に、すっかりなじんだが短期免許はラストウイーク。「年内はもう日本に来る予定がありません。GIを含めて、あと2日間、結果を出せるよう頑張ります」。年明けから騎乗して現在4勝。さあラストスパートだ。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2020年2月21日のニュース