【中山記念一週前追い】ウインブライト豪快併入 ミナリク「“仕事モード”に入った感じ」

[ 2020年2月21日 05:30 ]

フジノヤマテソーロ(左)と併せ追い切るウインブライト(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 3連覇が懸かる中山記念(3月1日)で始動する昨年のJRA賞最優秀4歳以上牡馬のウインブライト(牡6=畠山)が20日、1週前追い。落馬負傷中の松岡の代打・ミナリクを背にWコースで6F78秒8~1F12秒4(いっぱい)。道中15馬身も前にいたフジノヤマテソーロ(3歳未勝利)を豪快に1馬身半抜き去った。2週連続で騎乗したミナリクは「先週は精神的にもフレッシュだったが、今日で“仕事モード”に入った感じ。このハッピーな状態をレースまでキープできれば」と好感触だった。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2020年2月21日のニュース