豪州で修行中の富田暁が騎手免許更新試験で一時帰国「来週また豪州に戻ります」

[ 2020年1月21日 11:35 ]

富田暁騎手
Photo By スポニチ

 昨年8月から豪州で武者修行に励んでいる富田暁(23=栗東・木原)がJRA騎手免許更新試験受験のため一時帰国、21日は栗東トレセンで調教に騎乗した。「日本と豪州では競馬の体系が違うし、勉強になることが多いです。久しぶりに帰ってきて、やっぱり日本はいい国だなって思いました」と笑顔。

 先月3日にハミルトン競馬場で渡豪後の8勝目をマークした。「今週末は京都で騎乗して来週また豪州に戻ります。ビザが切れるまで、あと半年は豪州で頑張って、それからまた違う国に行ければ」と思い描く。

 最終的に日本で活躍するという明確な目標があり、異国で積み重ねる経験はきっとその土台になる。「言葉の問題は…甘くなかったです。まだまだですね」とコミュニケーションに苦戦しているようだが表情は明るい。期間を決めずに海を渡った富田のチャレンジは続いていく。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月21日のニュース