【AJC杯】ミッキースワロー 近走の安定評価「中山はいいイメージ」

[ 2020年1月21日 05:30 ]

重賞2勝の6歳馬ミッキースワロー
Photo By スポニチ

 重賞2勝の6歳馬ミッキースワローは前走・福島記念3着からの転戦。菊沢師は「前走は(トップハンデの)58・5キロを背負っていたし、オールカマー(2着)はスローの展開でよく差してきた」と近走の安定感を評価する。中山は3歳時にセントライト記念1着、2年前のAJC杯2着と好実績。「体も柔らかいし、いい意味で枯れてきた。中山もいいイメージ」と好走を期待していた。 AJC杯

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月21日のニュース