【東海S】ヒストリーメイカー 仕上がり合格点も陣営控えめ「さすがに相手が強いかな」

[ 2020年1月21日 05:30 ]

 3月3日で解散となる作田厩舎から、ヒストリーメイカーが重賞にチャレンジする。前走の摩耶Sは中団から長く脚を使っての差し切り。担当の壽助手は「包まれる競馬をしたことがなかったけど、思った以上に対応した。全てうまくいきました」と笑顔で振り返る。「この厩舎で重賞を使うのは、これが最後かも。もちろん、勝てればとは思いますが、さすがに相手が強いかな」と控えめに語りつつ、仕上がりには合格点を与えていた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月21日のニュース