4度目の“鼻差マジック”見られるか

[ 2019年11月22日 05:30 ]

ランフランコ・デットーリ騎手
Photo By 提供写真

 【競馬人生劇場・平松さとし】今年のメルボルンC(オーストラリアG1)。メールドグラースが6着に敗れたこのレースで2位に入線しながらも4着へ降着となったマスターオブリアリティ。その手綱を取っていたランフランコ・デットーリ騎手は当然、騎乗停止処分となり、その後の来日予定が延期された。

 一時は来日そのものが反故(ほご)にされるかと思えたが20日、本人のインスタグラムに「日本へ戻ることに興奮しているよ!!」という言葉とともに機内で撮影したと思われる写真がアップされた。

 今週末に行われるジャパンC(G1)をこのトップジョッキーは過去に3勝している。1996年にシングスピールに騎乗してファビラスラフインを退けると、2002年にはファルブラヴでサラファンに競り勝った。さらに05年のアルカセットはハーツクライとの接戦を制し、優勝してみせた。

 3勝全てが2着とは鼻差という神懸かり的な騎乗は“デットーリマジック”として絶賛されるが、本人は笑いながらかぶりを振って言う。「いやいや、できることならもっと楽に勝ちたいよ。毎度ハラハラして心臓に良くないからね」

 そんなデットーリ騎手に、どのジャパンCが思い出深いかを聞いた。すると初制覇のシングスピールでもレコード勝ち(当時)のアルカセットでもなく、ファルブラヴの名を挙げて言った。「あの年は普段とは違い中山競馬場での開催だった。前の日にはコジマセンセイ(小島太調教師=当時)のイーグルカフェでジャパンCダート(現チャンピオンズC)を勝って2日連続のG1制覇になった。それに2着と鼻差だっただけでなく3着のシンボリクリスエスとも横並び(2、3着は首差)の大接戦だったので印象に残っているんだ」

 ここで一息入れると、さらに最大の理由を続けて口にした。「それにファルブラヴはイタリアのチャンピオンホースだったからね。イタリア出身の自分にとってはうれしいことでしたよ」
 今年はルックトゥワイス(牡6=藤原英)で大一番に臨む。またしてもデットーリマジックが見られるのか。期待したい。
(フリーライター)

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月22日のニュース