【ジャパンC】友道厩舎から五本の矢 馬場悪化で伏兵浮上

[ 2019年11月22日 05:30 ]

厩舎周りで並んで運動するマカヒキ(右)、エタリオウ
Photo By 提供写真

 【G1ドキュメント・栗東=21日】G1の木曜午後といえば枠順取材。午後3時すぎ、出走馬の投票業務を終えた友道厩舎の大江助手が待ち構える報道陣の前に現れた。寺下も輪に加わる。ジャパンC史上初の5頭出しで挑む、各馬それぞれの感触を聞いた。

 まずは5頭の中で一番内となった2番ワグネリアン。「先行力があるので内枠は大歓迎。ずっと外枠続きだったことを考えても、いいところだと思います」とトーンは高い。ダービーは外枠17番を克服して押し切ったが前走の天皇賞は14番枠で5着。ここならスムーズに運べそう。

 続いて6番のユーキャンスマイル。「出たなりでついていける枠なので、いいところ」とジャッジ。11番シュヴァルグランについては「器用に立ち回れるし枠はどこでもいい」。出走した過去3年のJCは17番→3着、1番→優勝、9番→4着。枠順に関係なく上位争いを演じており、最年長の7歳でも軽視は禁物だ。(13)エタリオウと(14)マカヒキの2頭は外めの枠に入ったが「18頭立てでないのでロスも少ないかなと思う」と前向きに捉えた。

 友道厩舎の5頭は人気になりそうな馬から内に入った印象。ただ、週末の東京は“下り坂”の天気予報も出ている。道悪になった場合に向きそうな馬を聞くと「どれくらい降るかにもよりますけど」と前置きした上で「エタリオウとマカヒキ」と教えてくれた。“多頭数出しは人気薄を狙え”という競馬格言もある。当日の馬場次第では伏兵2頭に警戒したい。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年11月22日のニュース