戸田師 検量室で松若に蹴り…過怠金20万円

[ 2019年10月21日 05:30 ]

 戸田博文師(56)が東京2Rの確定後に検量室で騎手に対し粗暴な行為に及んだとして過怠金20万円を科された。管理するスパニッシュアート(5着)がアスターファゴット(4着)に不利(制裁はなし)を受けたが、同馬に騎乗していた松若から謝罪の言葉がなかったため、軽く蹴ってしまったという。行為の程度を鑑みて異例の金額となった。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月21日のニュース